夜は心の解放区

夜は心の解放区
原始の世界では、夜の闇は恐怖でしかなかったといわれます。獣に襲われるか、それとも敵襲か。人間は本能的に闇に恐怖を憶えているのかもしれません。しかしながら産業革命以降、とくに高度情報化社会となった現代では、夜は「やすらぎ」の時間のような気がします。仕事に追われ、時間に追われ、人間関係に悩みストレスに苛む昼間。夜は、行動の制約はあるけれど、昼間のストレスから解放され、翌朝までの時間を惜しむように夜ふかしする。お酒を飲んだり、語らったり、ゲームをしたり、ネットを徘徊したり。昔、「夜したためたラブレターは、朝に見直すように」ということを何かの記事で読んだ記憶がありますが、気が大きくなってどんどんのめり込む夜に対して、朝や昼間は、わりと理性が勝っているのでしょう。夜にテレビショッピングの番組が多いのも、それを狙ったものかもしれません。


Night is liberation area of the heart
In the primordial world, the darkness of the night is said to have been nothing more than horror. Is it attacked by a beast or an enemy? Humans may instinctively fear the darkness. However, after the Industrial Revolution, especially in the modern age of highly information-oriented society, the night feels like a “peace” time. Daytime when you are busy with work, busy with time, worried about relationships and stress. At night, although there are restrictions on behavior, I am relieved of the stress of the daytime and spend the night to spare time until the next morning. Drinking, talking, playing games, wandering the net. A long time ago, I remember reading in an article that “a love letter that was write at night should be reviewed in the morning”. Reason may be superior in the morning and noon compared to the night when you feel upset. The fact that there are many TV shopping programs at night may be aimed at that.


コメント